スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシンをオークションで買うということ

近年ではミシンの買い方も、多種多様になっています。

昔ながらの町のミシン屋で対面販売
大型手芸店で実演販売
ネットのミシン屋で激安販売
ネットオークションで中古品を競り落とす など・・・

私個人の経験。
生まれて初めての家庭用ミシンは、通販生活という雑誌から購入。
洋裁に目覚めて欲しくなった職業用ミシン(ヌーベルクチュール)を、オークションで中古購入。
さらに欲が出てきて、最新の職業用ミシン(JUKI SL-300EX)を新品保証付で、オークション購入。

これが不良品で、1台目交換、2台目返品、全額返金。

SL-300EXの後継として、ベビーロックのエクシムプロを内職屋の社長の紹介でミシン屋から購入。
このほかに、ロックミシン(JUKI MO-766)をオークションで中古購入。


今思うことは・・・・・・オークションなんかでミシンは購入するもんじゃないな、って。
大切なお金をドブに捨てるような苦い経験は、幸いありませんでした。
しかし、それはタダ単に運が良かっただけ。

ヌーベルクチュールは、入手当初、かなりの酸化した機械油と埃とタバコの臭いで気分が悪くなるほど。部品も一部固着していて、あまり良い状態とは言えず。その後内職屋の社長の取り計らいで、メンテしてもらい良い状態になりましたが、ワイドテーブルや、膝上げレバーなどの付属品が付いていなかったため、使いづらく・・・・・・

SL-300EX購入と同時に、ヌーベルはオークションで売却。
自分が落札した額と同じかそれ以上で売れたので、(メンテしたこともあり)満足していたのも束の間。
2ヶ月くらいたって、なんと落札者からクレームが!!
なんでも、糸調子が合わないとかで。
返品したいと・・・・・・
こちらはきちんとメンテして、調子良い状態で売っていたし、自信があったのでもちろん突っぱねました。
しかし散々文句を言われ、後味が悪かったです。

そのあとこれまたオークションで、SL-300EXの欠陥商品に2台連続で当たり、不幸中の幸い?で返品返金に応じてもらえましたが、これも苦い経験です。

結局、私が返品したSL-300EXは2台とも、出品者の同じIDからオークションで2ヶ月使っただけの中古品(欠陥のことは何も触れられず)として売られ、2台ともすぐに落札されていました。怖いです。その出品者は、4桁の良い評価、悪い評価も0でしたが、その数ヶ月後、何故かIDを抹消していました。理由はわかりません。

結局、オークションで良い買い物をしたのは、MO-766だけです。
これは、当初から調子良く動いています。
ただ、やはり付属品の欠品が多く、しかも古い機種なので今となっては入手することもできません。

オークション、かなり慎重にしたほうが良いかもしれません。
私はもうオークションでは買いません。




スポンサーサイト

ミシン屋の頑固親父の話

SL300EXの不具合で、返品返金作業が完了し、さぁ、次はどのミシンをどこで買おうか。。。と悩んでいた時の話。

次こそは、ミシン購入を失敗したくないという思いが強く、しかし予算との兼ね合いもあり、実店舗のあるネットショップで新品保証付のミシンを格安で購入しようかとも考えました。しかし、ネット購入で1度失敗したので、県内のミシン店を探しました。

方法は、電話帳。


片っ端から電話をかけまくり、機種と値段、アフターサービスなどを徹底リサーチ。
大体の店は、あっさりとした対応だったのですが、一軒だけものすごい個性的な店主がいらっしゃいました。

とにかく話が長い。。。
かれこれ1時間以上は話したかな。
NHKで当時放送されていた朝の連続テレビ小説で使われているミシンの話やら、最近のネット通販の話、ミシン業界の裏事情etc  ・・・  貴重なお話を伺うことができました。その中から興味深い話を抜粋して紹介します。  


  ミシンの仕入れ値は半額以下

定価15万円の職業用ミシンの仕入れ値は6万ちょっと。
インターネットの激安ミシン屋は1台売っても2~3000円の利益。

町のミシン屋は6万ちょっとで仕入れたものを10万~12万くらいで売って利益を得る代わりに、アフターサービスを充実させているわけです。

安くしろ、と言われたらなんぼでも安くできますけど、売ったら売りっぱなしっていう商売はしたくないんです。
同時に、わしらは、いい品物とそうでないものを選別して客に届けるって言う役目も負っているわけです。
 
  中国製のミシンは買うな

最近のミシンは一部の工業用を除いて、すべて舶来モノ。
その中で選んでいいのは、台湾製だけ。

台湾製は、かつての日本製と遜色ないくらいにしっかりしている。

間違っても中国製、タイ製は選ぶな!!



ちなみに、ジャノメ780シリーズとブラザーヌーベルシリーズは台湾製、JUKIシュプールシリーズは中国製です。これ、妙に納得・・・・・・

 わしゃ、インターネットは大嫌いじゃ!!
いくら安くてもインターネットでは買うな!!
今やったら、ジャノメの780DX 9万円で持ってけ!
3年保証付けたるで。何度でも電話くれたら家まで調整にいったるわ。


と言われ、買います、と言いそうになるのをぐっと飲み込んで・・・・(このときは、内職屋の社長の紹介で他のミシン屋さんを紹介してもらう約束をしていたので)

 検討してみます。と言ったら。。。。。

 そんな片っ端から電話して、天秤に掛けるみたいなやり方大嫌いや!!
次、電話して来る時は、ちゃんと買う決心してから掛けてきいや。


という、ミシンを愛してやまない頑固親父さんでした。
私も、ネットで購入して失敗したものとして耳の痛い話ばかりでした。
でも世の中にこういう方は必要だと思います。

そして、ネットで7万円で売っているものを、頑固親父さんから9万円で購入することは決して高くはないと思います。2万円の差額は安心、保証料です。そう考えたらむしろ安い。3年保証を過ぎても、部品代プラス1000円から2000円くらいで修理しますって仰っていました。

     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。