スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カノコラッパ修行 

カノコラッパ(4つ折りバインダー)を手に入れて、これがあれば鬼に金棒!と意気揚々だったんです。
で、今週から待ちに待った?カノコラッパを使う仕事をしました。

布帛(リネン)のキャミソール。

胸元のギャザーと、肩ヒモから脇にかけてのパイピング部分をカノコラッパで処理。
正直、ラッパがあれば難なくこなせると思っていたんです。
それが大間違いでした。

CIMG3939.jpg

とにかく段差部分が越えられない!!
上の画像はちょっと大げさな例ですが、目が詰まって全然前に進まないし、縫い目は曲がって汚いし。
ギャザー部分も同様です。

これにはもう撃沈。
今週ずーっとカノコラッパと格闘。
原因究明して、対策を考えないといけない。


対策
①手で送りを助ける
②押え圧を弱くする
③はさまれる側の生地をなるべく薄くなるように下処理する
④送り歯の高さを少し上げる

内職先に相談したり、ミシン屋さんにも聞いてみたり。
ネットで調べたり。
とにかく考えられる対策をすべて講じてみたのですが、少しはマシになるものの、満足のいく仕上がりとは程遠く・・・・・


これくらいの段差なら、本縫いの通常の送りと押えなら問題なく縫えるのです。
ラッパを使って段差部分を縫う時に何らかの障害が生じていることは確かです。
一つは押え。ラッパ用の押えは通常のものより短いのです。
そのために段差部分になると、押えがシーソーのように傾いて、一点に力が集中しやすく、それが送りを妨げているものと思われます。
もう一つは、ラッパの先端部分の狭さ。
トンネルを横にしたような形状で、そこを通る時に厚みがあると抵抗が生じる。。。

考えた所でね、実践できないと意味がないんですよね。
ということで、色々やってみた結果。

CIMG3940.jpg

どうでしょう?
送りを助けすぎて逆に縫い目が粗くなっている気がしますが、まぁ合格?

押えにある工夫をしました。
押えが段差部分に差し掛かって極端に傾くのを防ぐために、押えの後ろ側に厚紙を挟みました。
紙の厚さやら、素材やらこれも試行錯誤の連続だったのですが、今回は名刺を4枚重ね。
でも、毎回うまくいくとは限らず、まだまだ修行が足りませんね。

道具は奥が深い・・・・・・
もっと上達したいです。
そして次はもっともっと良い仕事をしたいです。

こうすればうまくいく、というような情報やコツがあれば教えてください。


スポンサーサイト

ダイコー製カノコラッパを使ってみた

ミシン屋さんイチオシのダイコー製カノコラッパ。
早速使ってみましたよ。

CIMG3926.jpg


CIMG3932.jpg
CIMG3927.jpg
CIMG3925.jpg

カーブを縫ってみました。
もう縫い外れる気がしません!!
楽しーーー

このラッパの優れた所を紹介しますね。
スイセイのカノコラッパと違う所。
バイヤス布の表側と裏側の幅を別々に微調整することができることです。
それだけです。

いや、それって重要ですよね?
バイヤスを縫っていて、表はちゃんと縫えているのに裏だけ外れて・・・・・・
ってことよくありますよね。
このバインダーは、常に裏と表の幅をベストな状態に微調整できるのでどんなカーブでも大丈夫!!

針落ちの幅ももちろん調整できますよ。それは他のメーカーと同じ。
これ、楽しすぎ。
もっと早く使えばよかった。

しかしこれの欠点?は装着するのが非常に面倒なこと。
針板、押え、送り歯まで総取替え。
かなりまとまった量を縫製する時じゃないと、装着する気になれません。
まさに工業用アタッチメントって感じです。

バイヤス布切るだけでも面倒で、まだ練習しかしていないので、、、
早く本番がしたい!!

三つ巻きラッパがやってきた

ついに、手に入れてしまいました。

CIMG3745.jpg

前からずっと欲しかったもの。

回転三つ巻きラッパ

回転?ラッパ?だんだんマニアックになってきましたよ。
要するに、三つ巻き縫いをするための道具です。
これは旧式のA11 です。

三巻押え(写真下)と何が違うって?
CIMG3623.jpg

押えより扱いが簡単、三巻押えにはできない継ぎ目などの段差を越えられるという所でしょうか・・・・・・

ところが!!
問題発生です。

ロックの継ぎ目があって、そこも三つ巻き縫いしたかったのですが、越えられないという問題が発生しました。

まったく意味なし

それじゃ、三つ巻き押えでいいじゃん?って話です。
で、原因を究明しました。
段差を越えるときは、ラッパを一旦外し、手やピンセットを使って三巻状態にして縫うので、ラッパの問題ではないのです。つまり、押えの問題。

ラッパと押えは夫婦のような関係で、必ずセットで使います。
ラッパにもサイズがあるように、押えにもサイズがあって、ラッパに合ったものを選ばないといけません。

最初、このタイプを使っていたんです。
スイセイ バインダー用押え:SA250

スイセイ バインダー用押え:SA250
価格:3,465円(税込、送料別)


これはバインダー専用の押えで、サイズももちろん合っていました。
でも、この押え、段差に弱いのです。
(厳密に言えば、現行品よりも昔のタイプだったので、現行品は改善されている可能性もありますが、形はほぼ一緒です)

で、本当に今回は運がよかったのです。いつもなら中古品をネットやオークションで買うことが多いのですが、今回は何を思ったのか?エクシムプロを買ったミシン屋さんに頼んで、中古品を譲ってもらっていたんです。

ミシン屋さんに
段差が越えられなくて困っている
と言ったら、じゃぁ交換するから、と言って段差に強いヤツを持ってきてもらいました。
それがこれ。
わかりますか?先がちょっと上がっています。

CIMG3747.jpg

縫ったらこんな感じ。
段差もラクラク。
実は、ミシン屋さんの在庫に合うサイズのものがなかったらしく、

削ってきたから。

と言われました。押えって削れるんだ??
しかも、削る道具もあるんだ?
これにはびっくりです。
とことん頼りになるミシン屋さんです。
ミシン屋さんとは仲良くしておかないと、ですね。

ラッパについて、存在は知っていたものの、押えの知識がなくて、ミシン屋さんに聞かなければ大失敗することろでした。お値段も決してお安くないので。

家宝にします。

ラッパが家宝って・・・・・・・
一体どんな家?

魔法のゴム通し



安藤ミシン商会で見つけて、何気なく購入しました。
特に使う機会もなく、放置されていましたが・・・・・ついに日の目を見る時が!!

30着ぐらいのアンダーパンツ(一着につき3箇所)のゴムを通す仕事があって、とても苦戦していました。
途中でゴムが抜けるし、引っかかるし。

そこで、ゴム通しを買ったのを思い出し、やってみたら目からうろこ。
ゴムが絶対に途中で抜けない。
縫い代の継ぎ目でゴム通しが引っかからない。

何十着もやるので、これはものすごい時短。
ストレスもなし。

道具は大事ですね。

アンダーパンツ、明日から追加の40着に取り掛からなくてはいけません。
まだまだゴム通しが活躍してくれそうです。

ステッチ定規

CIMG3663.jpg

お助けグッズ、ステッチ定規。

ついに購入。(中古、オークション購入)

シャーリングのゴムカタンをつけているところです。ゴムカタンは下糸なんで画像ではわかりません。
このシャーリング、1.5cm間隔に8本 たたかないといけないんですが、印つけるの面倒ですね。

ということでステッチ定規 登場。

縫い目に定規合わせれば、等間隔に縫える!!
(画像は、ゴムカタンで布が収縮しているからちょっとズレて見えます)
若干、生地の模様にも助けられ?印なしで、まっすぐ縫えました。

これを7着分。

ボビンの調整とか、ゴムの調整とか結構面倒臭いから、いっぺんにやったほうが楽。
シャーリング部分、7着分、完成しましたよー。

あと一息!!







     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。