スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業用ミシンにバイヤスバインダー(カノコラッパ)をつけたい 前編

愛用のミシン、エクシムプロは工業用と同じ規格の半月型の針板が使われているので、工業用の押えやバインダーが使えるのがウリ。

ということで、4つ折りのバイヤスバインダー(カノコラッパ)が欲しくなりました。
これがあれば、パイピングがラクラク、仕事の幅も広がります。




何も考えず ヤフオクを物色。
A10型といわれる、送り歯と針板と、押え金を総取替えするタイプのものを手頃な価格で発見し、本当に何も考えずにクリック、落札。

これが先週届きました。

早速試し縫い、レポ!
と・・・・・・思いきや。

まず取り付けが非常に面倒。送り歯、針板、押え金外してつけて・・・・・
やっとの思いでセッティング完了、さて試し縫いと。
ところが問題発生。

まず送り歯が自動糸切装置と干渉する。
次に、ラッパの先っぽの部分が釜側に沈み込むのでそこも干渉する。
恐る恐る1針2針縫ってみるものの、異音がするためこれ以上続けるのはミシンの故障に繋がると考え、あえなく中止。

よく調べなかった私が悪いです。

バインダーメーカー最大手のスイセイさんにもA10型バインダーについて聞いてみました。

スイセイさんからの回答
職業用ミシンは針板が半月型のものでも工業用とは機構が違うので、A10カノコラッパはご使用いただけません。
今春、職業用のカノコラッパを発売予定ですので、そちらをお求めください。

とのことです。
しかし、新品のカノコラッパは1セットの価格が諭吉越え確実の上、1サイズのみでは事足りないのでこれを3,4サイズ揃えるのは個人には負担が大きすぎるのです。

そこで、同じジャノメの半月型の針板の職業用ミシンでA10カノコラッパを使っているブロガーがいないか検索すると、いくつか情報がありました。それをまとめると・・・・・・

送り歯が自動糸切に干渉するので、送り歯の裏を削るなど加工すれば使えるかも?
送り歯の高さが足りず、布の送りが悪くなるので、送り歯の高さを出す加工をすると使える
などなど。
カノコラッパを作っているメーカーはスイセイだけではないので不確定情報ばかりですが、とにかく加工が必要?という情報が多数。

しかしね、一番痛いのが、私が落札したカノコラッパは国産メーカーのものじゃなくノーブランドの恐らく中国製?と思われるものだということが届いた後で発覚。もうこれにはお手上げ。
しかも試しに1サイズ買ってみれば良かったものを、一気に5サイズセットで買ったものだから、もう(泣


カノコラッパ装着断念か。。。
そんなことで諦める私だと思いますか?
この話には続きがありますが、今日はこの辺にしておきます。


スポンサーサイト
     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
12 ≪│2014/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。