スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ意識

この一ヶ月間、苦しんでいました。

エクシムプロの調子が悪くて、ミシン屋さんに一ヶ月の間に3回も来ていただきました。

悪夢の始まりは 針折れ。
そこから目飛び、糸調子不良がはじまり・・・・・・

私にはお手上げ、ということでいつもお世話になっているミシン屋さんに修理依頼。

一回目の修理、釜に少しキズがあったので釜をヤスリで磨く。

それでも復調せず。
その二日後に2回目の調整。
タイミングの調整、糸取りバネの分解調整。その他もろもろ・・・・・・
なんとこの調整には2時間半以上の時間を要しました。

2回目の調整後も、調子が良くなったり悪くなったりを繰り返し、その2週間後に3回目の調整。
今度は針の種類と番手を交換、糸の掛け方を工夫。

仕事で使うのはフィラメント系糸のエースクラウン#50。
この糸はシルクに似たツルツルとした光沢のある糸で婦人服の縫製に多用される糸です。
しかしこの糸が曲者で、スパン系の糸には見られない縫製不良を起こすことがあるんです。

CIMG4223.jpg

画面中央、わかりますか?
上糸なんですが、よじれた糸がちょうちんのようにピンと出てしまっています。

エースクラウンはスパン糸に比べて撚りが強いのでこのような縫製不良が出ることが まれにあるらしいのです。
決して粗悪品、ということではなく、製品の性質上、という理由です。
ミシン屋さんも経験と知識は豊富な方ですが、このような症状はあまり見たことがなかったらしいのです。
しかも糸にも個体差があるらしく、色や生産時期、染めの状態によって撚りの強いものとそうでないものがあります。

この結論に至るまでにかなりの労力と時間を要しましたが・・・・・・
ありとあらゆる手段を尽くして頂いたミシン屋さんに本当に感謝です。
この一ヶ月、良くなったり悪くなったりという糸調子に一喜一憂してきたので、この場で完全回復宣言をするのは避けますが、ミシン屋さんに見習うべき強いプロ意識を感じました。

プロとは、、、
どんな状況においてもベストを尽くせる人。
結果が悪くても、周囲の環境のせいにするような言い訳をしない人。
最後まで責任をもってやり遂げる人。
失敗したら自分の非を認め、その失敗を次の成功に繋げられる人。
仕事に対して謙虚さを忘れない人。

だと思います。
こんな個人の内職の私なんかのところに何度も通い、時間をかけて赤字の調整をして、一緒に問題解決に取り組んでいただいたミシン屋さんはホンモノのプロだと思います。

そして、帰り際に、糸を会社に持って帰って研究させて欲しい、とお願いされました。
これはもうミシン屋の意地としか言いようがないですね。
今日、ミシンの調子がよくなった報告を電話でしましたが、お盆休みをつかって、ゆっくり糸の研究をしたいと仰っていました。もう脱帽です。

最近、私、仕事で人為的なミスをいくつか犯していて、しかもそれを内職先の方にフォローしていただいていて、、、もっと私もがんばらないといけないです。プロとして。

とりあえず、一年に一回の帰省のため、2週間のお休みを頂きましたのでリフレッシュしてお盆明けからがんばります。


スポンサーサイト
     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
07 ≪│2014/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。