スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内職とパート

縫製内職をやめ、今のパートの仕事を始めてから早1年3か月。
今はパート先でもミシンを踏んでいます。

子供が小さかったころから、子育ての傍らで何かできる仕事はないかと始めたミシン。
自分でもまさかこんなに長くミシンに携わるとは思っていませんでした。
好きなことを仕事にできるという意味では恵まれていると思います。

でも、会社の中で一つの歯車として、お給料をいただいて労働するということは、やはり楽しいだけというわけにはいきません。
自分の思い通りにならないことの方が多いかもしれません。

最近、札幌の縫製内職のことを思い出して少し恋しくなります。
好きな音楽やラジオを聴きながら、一心不乱に一日中ミシンを踏み続けていた日々を思い出します。
ただ作業だけに集中し、無になる時間。
縫製工場のハンドリング、職出しが完璧だったから、きっと気持ちよくお仕事ができたんだろうな、と思います。

でもまぁ、大変さもありました。
うまくいかないことがあっても、すべて自己解決しなくてはいけません。
技術的な面もそうですが、ミシンなどのハード面もすべて自己責任で管理しなくてはいけません。
大量に失敗したことに後で気付き、縫った時間の何倍もかけてほどいたり。
納期に間に合わせるために休日返上で作業したり。
ラッシュかけて納期に間に合ったと思ったら、その次の仕事がなかなか来なかったり。
あと、とにかく場所を取る。そして汚れる。
一部屋占領して、ホコリだらけになって、一日に何度も掃除機をかけて。掃除機も壊れたし。

そういう意味では、今のパートは楽なのかもしれません。
一週間に月~金まで 一日4時間と決まっているので、それ以外の時間は完全オフ。

まぁ一長一短あります。
過去を懐かしんでも仕方ないので、今与えられた仕事に全力で取り組むしかありません。
前の内職の仕事でも、今の職場でもまわりの人間関係には恵まれていると思います。
前は、自分の技術力のなさをいつもフォローしてもらってばかりでした。
今は、私のほかにあまり縫製に関して知識のある人がいないので、、、別の意味でものすごい苦労があります。
裁断からすべて自分たちでやらなければいけない、サンプルがない、指示してくれる人がいない、上司が仕事を把握していないなど言い出したらキリがありませんが、、、

なるようにしかならないので、また明日から頑張ります。



スポンサーサイト
     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
09 ≪│2016/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。