スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業用ボタンホーラー(ブラザー)

SL300EXの前のミシン、ヌーベルクチュールの時から使っているブラザー製のボタンホーラー。

CIMG3040.jpg

SL300EXに装着するとこんな感じ
CIMG3041.jpg


現行は、TA-B6ですが、私が使用しているのはB5です。
恐らく20年くらい前のものですが、まだまだ現役。




最初は、セッティングが面倒かな、と思っていたけれど、慣れれば簡単。
駒のセット、取り付け、縫い目ダイヤルを0にする、ドロップフィードを下げる。

取り付けも、最初は少しコツが要りますが、慣れてしまえばすぐにできます。

SL300EXには、送り歯を完全に下げる機能が付いているので、付属の金属の板を取り付ける手間が省けます。
さらに、スピードコントロール機能が付いているので、一番低速にしておけば、必要以上にスピードが上がる心配がありません。

ボタンホールは、ゆっくりが基本。

直線縫いのときは、最速でしか使用しない私ですが、ボタンホーラーを使うときだけ、スピードコントロールの恩恵を受けています。

できあがりはこんな感じ。
CIMG3042.jpg

通常は、1周だと強度が出ない気がするので、2周して仕立てます。

職業用ボタンホーラーは使いづらいとか、きれいにできないとか、賛否両論あるようですが、普段着のブラウス程度のボタンホールなら、これで十分だと思います。

前に使っていた、電子ミシンの1→2→3 で切り替えるボタンホールよりは、見た目的にも強度的にもだいぶいい感じです。

欲を言えば、刺繍もできるようなコンピューターミシンで作るのが理想なのでしょうが、予算的にも、場所的にも難しいので・・・・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ソーイング
ジャンル : 趣味・実用

     

コメント

Secret

     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。