スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の職業用ミシン ブラザー→JUKI→ジャノメ

私の1代目のミシンは、中古のブラザー ヌーベルクチュールB626。オークションで購入。
このミシンに出会い、洋裁に目覚めた私は、本格的に洋裁を極めようと奮起して、JUKIの最新鋭の機種、SL300EXを購入。しかし、1ヶ月も経たないうちに不具合に見舞われ、結果的に返品。現在はジャノメ コスチューラのOEMであるベビーロックエクシムプロを愛用中。

CIMG2988.jpg
 


sl300ex



CIMG3515.jpg


つまり、ブラザー、JUKI、ジャノメと主力メーカーの職業ミシンを3社渡り歩いているわけです。実は、職業用ミシンというのは、現在国内ではこの3社でしか販売されていません。ベビーロックとシンガーの職業用ミシンはジャノメのOEMです。

職業用ミシンを選ぼうとすると、ブラザー、JUKI、ジャノメの3択の中から選ぶことになります。あとは自動糸切の有無でしょうか。

ブラザーのヌーベルクチュールは20年以上前の機種なので、単純に3社の比較はできないと思いますが、使った感想を書いてみますね。

ブラザーは薄物に定評があります。薄物はとても綺麗に縫えました。厚手の帆布を何枚も重ねるような作業も行っていましたが、段差のところで目飛びが生じたことが稀にありました。

JUKIは、多分ユーザーが一番多くて、薦める人も多いと思います。私も職業用ミシンといえばJUKIだろう、ということで、迷わずJUKIの最上位機種の300EXを選択したわけですが、、、まぁ、不良品ですね。

関連記事はこちら
↓ ↓ ↓

JUKI SL300EX の不具合
JUKI SL-300EX 不具合 その後
JUKI SL300EXの欠陥について

不具合がなければ、いいミシンでした。特に自動糸切がお気に入りでした。フットコンで糸切できるし、縫い始めが鳥の巣になりにくいので。

ジャノメ780(エクシムプロ)は厚手が得意です。押さえ金に入る厚さの布なら段差があっても綺麗に縫えます。3社の中では、一番工業用に近いと思います。針板も半月形で工業用と同じ規格なので。自動糸切はJUKIと比べると劣るような気がしますが、気に入っています。長く付き合えるミシンです。

関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。