スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足踏みミシン(ポータブル改造) 三菱 TA1

CIMG3751.jpg

鋳物 キタ。
黒い鉄の塊 キタ。

どうしたかって・・・・・・
オクで、、、ジャンク品だったのを。。。

落札したのは1ヶ月前でしたが、なんせジャンクだったので、モーターは生きてることを確認していたのですが、ミシン自体は不動。どうしたものかと途方に暮れ、とりあえずたっぷりと注油して様子見ていたら、固着していた部分が溶けて 調整なしでとても調子よく縫えるようになりました。

本当に興味本位で落札してみたのですが、これがどうして。
縫い目がものすごい綺麗。
今まで触ったミシンで一番綺麗かも。

しかし、一番のネックは、重さかな。
予想はしていたものの、重量感が半端ないと思って計測したら 19.5kgありました。
ポータブル改造してあるとはいえ、重くて持ち運べないし、机の上に持ち上げるなんてもってのほか。
縫う前に腰痛になったミシンは初めてでした(爆)

このミシン、50年くらい前のミシンらしいのです。
これには私もびっくり。
立派な骨董品ですね。
骨董の趣味はないんですが、、、

半世紀の時を経て、私の元にやってきたミシン、クロちゃん(仮)にしておこうか?
クロちゃんのはずみ車は、とても大きくて軽いんです。
この軽さが足踏みミシンですよね。
今は足踏みではなく、モーターで回していますが、動きが足踏みっぽいです。
今の職業用ミシンはすべて電子制御されているので、フットコンから足を離すとピタッと止まりますが、クロちゃんは惰性で2,3針進んでからゆっくり止まります。慣れていないせいもありますが、細かい所は手回しで。
手回しといっても、とても軽くて回しやすいので全然苦になりません。

あ、ちなみにこのミシンは職業用です。
ボビンもボビンケースも針も針板も、オプションの押えもすべて現行の工業用の規格が使えます。
これは助かりますよね。

本当に頑丈な鉄の塊のミシンなので、100年使えるかも。
だって壊れる所ないんだもん。
将来的に、アンティークな台に乗せてオブジェにしたいですね、もちろん実用もしますが。
今は住宅事情もあってそれはできませんが、将来の夢としてそれはとっておきます。



関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

ありがとうございました

とても参考になりました!
お忙しいところ、本当にありがとうございました。
重いし、使い方もわからないし・・・・と思っていましたが、ミシン本体はいいものみたいなので、大事に使いたいと思います。

Re: 下糸の巻き方

見つかりました!!

http://misintec.blog.fc2.com/blog-entry-596.html

こちらを参考にしてください。

Re: 下糸の巻き方

みにぃさん

はじめまして、こんにちは。
すみません、モーターベルトが欠品して私も下糸はこのミシンでは巻いたことがないので答えられる範囲で回答します。

まず、ミシンは足踏みだったものをモーター改造されたものでしょうか?
その前提でご説明します。

下糸を巻くためにはモーターのプーリー(ベルトをかける部分)はダブルといって、2本掛けられるタイプでないとダメです。一つのベルトはミシン本体のプーリー、もう一つは下糸巻き装置に掛けます。つまりベルトが2本必要です。

私が入手したものはベルトが1本しか付属していませんでした。よって下糸巻き装置を使って下糸を巻くことができませんでした。

ベルトの長さは恐らくプーリーのものより長いものが必要となると思います。
サイズは、こちらではわかりません。
というのも、仕事や住居の都合上、TA1を保管しておくことが困難になり現在は人手に渡ってしまっています。

ちょうど良いサイズのモーターベルトを入手したら、ミシン本体のプーリーの真ん中の丸い部分を手前に回して、プーリーを回しても針が上下しないように固定します。
そして、下糸巻き装置にボビンをセットして、モーターを回せばたぶん巻けるはずなのですが・・・・・・

ごめんなさい、なんせ経験がない上に現物が手元にないのでこれ以上のことはわからないです。
どなたかの動画やブログも検索してみたのですが、HAタイプのものばかりで職業用のは見つかりませんでした。
参考になればと思います。



下糸の巻き方

三菱のTA1を使っていらっしゃる方のブログを探していて、こちらにたどり着きました。
最近こちらと同じタイプの三菱のアンティークミシンを頂いたのですが、上糸の通し方はわかったのですが、下糸の巻き方がどうしても分かりません。
よろしければ教えていただけませんか?

はじめまして

はじめまして、こんにちは。
エプロンと犬の洋服の縫製をしてくれる内職さんを探しているうちに、このブログにたどり着きました。
ブログを読んでいたら、お願いしたい!とビビッときました。
ぜひぜひお願いしたいです。

突然のお願いで申し訳ございませんが、連絡先が分からなかったのでコメントに書かせていただきました。

もし少しでもいいかなって思ってもらえたらメールいただけないでしょうか?

よろしくお願いします。
佐藤

Re: ありがとうございました

ぴろりんさん

参考になれば嬉しいです。
厚手を縫うなら、やっぱり昔の足踏みミシンが最高ですね!!
置く場所があれば、台とセットで置けば、インテリアにもなりますし。

良いミシンに出会えるといいですね。

ありがとうございました

みちさん、

お返事、ありがとうございます!

私は普段、薄手から厚地まで扱っているため、やはり厚物専用機を
購入した方がよさそうですね。早速職業用を探してみます。

これからも日記を楽しみにしています。お体に気をつけてくださいね。

どうもありがとうございました。

Re: 厚物

ぴろりんさん

はじめまして、こんにちは。
いつもブログ読んでくれてありがとうございます。

そうですね、私は内職で薄手のブラウスとか服を縫うので、エクシムプロに関しては、ミシン屋さんにできる限り釜と針の距離を近く設定してもらっているんです。そうすることによって目飛びがなくなり、縫い目が綺麗になります。しかし、その状態で太い針で厚手を縫うと、針と釜が接触して釜を傷つけることになってしまうのです。

エクシムプロも、もう一度釜の調整をして、厚地用に設定すればどんな厚いものでも縫えます。
しかし今の所、エクシムプロは薄~中地用、アンティークミシンは中~厚地用と使い分けています。
釜の設定の問題だと思います。

ぴろりんさんも、厚手しか縫わないのであれば今の職業用ミシンの釜を厚地用に調整してもらってもいいかもしれません。職業用ミシンにはもともと厚地専用機とかはないので、設定次第です。もし新しくミシンを入手するのであれば、アンティークミシンでも家庭用と職業用がありますので、是非職業用を選んでくださいね。
また、目視で針と釜の距離は確認できますが、もしわからないようであれば一度ミシン屋さんに見て貰ってください。

厚物

初めまして。日記の内容をいつもワクワクしながら読ませて
いただいています(特に縫製内職の話がとても興味深いです)。
私も洋裁命で、職業用・ロックミシン・カバーステッチを常に
待機させて、毎晩何かしら縫っています。

以前の日記で、職業用といえども帆布などの厚物を縫わない方がいいと
いう内容があり、新たに厚物専用機を買うべきか迷っています。

今回手に入れられたような足踏みミシンなどは、厚物に耐えられるか
ご存知でしょうか?近いうち、友人と共に洋裁を仕事にする計画があり、
今以上にミシンを酷使することが予想されます。

私が住む国(アメリカ)では、画像のようなアンティークミシンが
あちこちの売買掲示板で出品されており、もし厚物専用機としてでも
使用できるなら、私も何が何でも手に入れたいと思っています。
(そうでなくても、いつか手に入れたいですね。)

いいミシンを購入されましたね。羨ましいです!








Secret

     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。