スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業用ミシンに4つ折りバインダー(カノコラッパ)をつけたい 後編

前編からの続きです。

職業用ミシンエクシムプロにカノコラッパをつける試みをし、ヤフオクで格安品を落札しましたが、うまくいかず断念・・・・・・残念ですが、このラッパに関しては中国製で作りも粗雑なため使うことを諦めました。

それでもカノコラッパを諦め切れない私は、新たなラッパを求め、様々な情報を収集し、検討を重ねた結果A1バインダーという物を見つけました。
スイセイ 四ツ折りバインダー

スイセイ 四ツ折りバインダー
価格:4,914円(税込、送料別)


これは、三つ巻きラッパの四つ折り版みたいなもので、送り歯や針板を替える必要はありません。
針板が半月型でない職業用ミシンにも使用できます。
これならば確実に装着できるんですが、これの弱点が、曲線に弱いこと。
それでは、バインダーの意味が半減してしまいますよね。

やっぱりカノコラッパが使いたい!!

でももう失敗したくない。
ということで、、、私の頼みの綱は、あの方しかいません。
いつもお世話になっているミシン屋さん。

とりあえず、エクシムプロに装着できるのかできないのか?ということを確認したかったので、ミシン屋さんの在庫の中古のカノコラッパを家に持ってきて試着させてもらう約束をしました。

CIMG3924.jpg

それがこれ。
ミシン屋さんの手により 送り歯の高さ、糸切りとの距離その他もろもろ全部確認しながら丁寧に装着して、試し縫いまでして頂きました。

大丈夫そうですよ

と、言っていただけました!!
送り歯の高さも十分だし、問題なく縫えました。

ぉぉぉぉぉぉ 軽く感動(涙)
ミシン屋さんのお墨付きをもらえたので、これで安心して使えるじゃないですか。

使えることはわかりました。しかしね、新品を買う予算はないので・・・・・
またまたミシン屋さんに無理を言って、3サイズくらい中古で譲っていただけないかお願いしました。
そして、それが今日届きましたよ。

CIMG3933.jpg
 
良く使いそうなサイズ、8mm、10mm、13mm。
3つで、新品1つ分ぐらいのお値段。
すばらしいです。
家に来て、試し縫いまでしてもらって、本当にありがたいです。

あんまり人に教えたくないんだけどね、このラッパ ダイコー製です。
このラッパのすばらしさは、ここでは伝えきれないので、また次回書きますね。



職業用ミシンにバイヤスバインダー(カノコラッパ)をつけたい 前編

愛用のミシン、エクシムプロは工業用と同じ規格の半月型の針板が使われているので、工業用の押えやバインダーが使えるのがウリ。

ということで、4つ折りのバイヤスバインダー(カノコラッパ)が欲しくなりました。
これがあれば、パイピングがラクラク、仕事の幅も広がります。




何も考えず ヤフオクを物色。
A10型といわれる、送り歯と針板と、押え金を総取替えするタイプのものを手頃な価格で発見し、本当に何も考えずにクリック、落札。

これが先週届きました。

早速試し縫い、レポ!
と・・・・・・思いきや。

まず取り付けが非常に面倒。送り歯、針板、押え金外してつけて・・・・・
やっとの思いでセッティング完了、さて試し縫いと。
ところが問題発生。

まず送り歯が自動糸切装置と干渉する。
次に、ラッパの先っぽの部分が釜側に沈み込むのでそこも干渉する。
恐る恐る1針2針縫ってみるものの、異音がするためこれ以上続けるのはミシンの故障に繋がると考え、あえなく中止。

よく調べなかった私が悪いです。

バインダーメーカー最大手のスイセイさんにもA10型バインダーについて聞いてみました。

スイセイさんからの回答
職業用ミシンは針板が半月型のものでも工業用とは機構が違うので、A10カノコラッパはご使用いただけません。
今春、職業用のカノコラッパを発売予定ですので、そちらをお求めください。

とのことです。
しかし、新品のカノコラッパは1セットの価格が諭吉越え確実の上、1サイズのみでは事足りないのでこれを3,4サイズ揃えるのは個人には負担が大きすぎるのです。

そこで、同じジャノメの半月型の針板の職業用ミシンでA10カノコラッパを使っているブロガーがいないか検索すると、いくつか情報がありました。それをまとめると・・・・・・

送り歯が自動糸切に干渉するので、送り歯の裏を削るなど加工すれば使えるかも?
送り歯の高さが足りず、布の送りが悪くなるので、送り歯の高さを出す加工をすると使える
などなど。
カノコラッパを作っているメーカーはスイセイだけではないので不確定情報ばかりですが、とにかく加工が必要?という情報が多数。

しかしね、一番痛いのが、私が落札したカノコラッパは国産メーカーのものじゃなくノーブランドの恐らく中国製?と思われるものだということが届いた後で発覚。もうこれにはお手上げ。
しかも試しに1サイズ買ってみれば良かったものを、一気に5サイズセットで買ったものだから、もう(泣


カノコラッパ装着断念か。。。
そんなことで諦める私だと思いますか?
この話には続きがありますが、今日はこの辺にしておきます。


エクシムプロ ジャノメ780 のLEDについて

昨年の記事 エクシムプロのツインライトをLED化 後編について。

エクシムプロのLEDを特注で製作してくださったしまりす堂さんの昨年12月10日のフェイスブックに、関連する写真と記事がアップされていました。
内容は、当ブログ、ぐうたら主婦のチクチク日記をご覧になった方からLEDの注文をポチポチと受けるとことがあるので、受注生産しています、とのことです。

フェイスブックやっている方は、覗いて見てください。
ジューキ エクシムプロ用 LEDバルブ
手元灯と、アーム下用のLEDライト2個セットで価格は3200円、納期は1週間程度だそうです。

当ブログを見て、しまりす堂さんにLED注文してくださる方がいらっしゃるんですねー。
昨年、1人の方から、LEDについてメールを頂いたことがあったのですが、他にもいらっしゃったとは。
嬉しいですね、情報としてお役に立てて。
また、細かい注文に丁寧に応じてくださる しまりす堂さんにも感謝です。

エクシムプロはジャノメ780のOEM品なので、共通部品として780シリーズにもLEDを装着できるはずですが、実際に装着したわけではないので、なんともいえません。

当ブログをご覧になって、実際に装着してみたよ、と言う方、
またはこれからしてみたい、と言う方、情報を頂ければ幸いです。特にジャノメ780について。
そういうのが、励みになります。

ミシン業界では、LED化が進んでいますね。
JUKIのシュプール30、300シリーズ、ブラザーのヌーベル470シリーズはLEDが標準装備となりました。
ジャノメだけが出遅れた格好になりましたが、今後はどうなのでしょう。新製品の発売予定などないのかな?

シュプール300EXを使っていて、LEDシングルライトなので針下は明るかったのですが、やはりアームの影で手元が暗くなるのが気になりました。現在のエクシムプロのLEDのツインライトは快適ですよ。

※注 LED化は改造行為ですので、ミシンメーカー保証の対象外になりますので、自己責任で行ってください。

職業用ミシンで帆布は縫えるのか?

職業用ミシンで帆布は縫えるのか?、答えは◎でしょ?

っと、私は最近まで思っていました。
だって、カタログには、針は9番~16番までOKって書いてあるし、16番の針をつければガシガシ縫ってOKでしょ?実際縫えるし、縫ってたし。

いやぁ。。。

答えは△です。

どういうことかと言いますと。

年末に、エクシムプロでシャツを縫っていたら、目飛びし始めました。
仕事に支障が出るレベルだったので、すぐにミシン屋さんを呼びました。

設定は工場出荷時のままになっていたんですが、服を縫うように、調整しなおしてもらったんです。
針9~11番くらいで調子が出るように釜合わせをしてもらいました。それ以来、まったく目飛びしなくなり、調子が良くなりました。

しかし、その時に、ミシン屋さんに言われました。
太い針は使わないでね  っと。

14番でたまーにゆっくり縫うなら許容範囲、16番なんてつけてガシガシ縫ったら完全アウトです。
理由は、釜にキズがつきます、とのことです。

太い針使うときは、もう一度釜合わせし直さないと、ダメだそうです。

そういう理由で、答えは△です。

正直、えーーーっ。です。
でも、考えてみれば、そうですよね。
どんなに高い工業用ミシンでも、薄物用と、厚物用では違うミシンだし、縫製工場では縫う素材によってもその都度釜合わせし直したりするし。9番と16番の針を一台のミシンで、しかも同じ設定で使おうと言うのは、無理な話なのかも。

ミシンはホント、繊細ですね。

と言うわけで、帆布のバッグは縫えなくなりました(泣
どうしましょ。

もう一台、厚物用の職業用ミシン欲しい。自動糸切なくていいからさぁ。
中古でもいい。

やめとけ!!

という、天の声が聞こえますが、ちょくちょくオークションを覗いてしまう私。
置く場所もお金もないのに。











エクシムプロのツインライトをLED化 後編

前編からのつづき

市販の車用LEDウェッジベース球をエクシムプロに装着すると、チラツキがひどく使い物にならないので、半ばあきらめかけていました。それでも探せばなんとかなるんじゃないかと思い、ネットを駆使して、検索、検索。

たどり着いたのが、しまりす堂さんでした。主に車用のLEDパーツの販売をしていて、LED工作をする人にはかなり有名なネットショップです。といっても、私にLEDを自作できるわけもないので・・・・・・最初はダメモトでしたが、現在の症状を一通りメールで伝えると、なんと、オーダーメイドでLEDを作製してくれることになったのです。

そして、そのLEDがついに昨日届きましたよ。
CIMG3583.jpg
写真 上は、アーム下用のライトで、LEDの側面を効果的に照らします。
写真 下は、手元灯用で、LEDの上部を照らします。

緊張の装着です。
CIMG3566.jpg
アーム下のランプカバーの中にはこんな感じで収まります。下から上を見上げるアングルで撮影しています。

さて、点灯しますか。

CIMG3567.jpg
CIMG3568.jpg
CIMG3569.jpg

白いです。明るいです。熱くないです。チラツかないです。

すごーく感動しました。でもだれもわかってくれません。完全に自己満足です。
いいんです、私が満足すれば。

だって、どこを探してもしまりす堂さんのLEDを搭載しているミシンなんて、私のミシンしかない。前のJUKIのSL-300EXは純正がLEDライトだったけど、手元灯のみのシングルライトだったのでちょっと暗かった。今回は、LEDツインライトなので明るさが半端ない!!アーム下の隅々まで照らしてくれるのがいいですねー。

いやー、ここ最近で、一番良い買い物したと思います。コストパフォーマンスも◎です。
本当に、お世話になったしまりす堂さんには感謝です。とくに、アーム下のライトに関して、サイズや照射方向に細かい注文をつけたのに快く対応してくださいました。ありがとうございました。実際に装着してみて、照射方向にこだわってよかったと思っています。


こんなに快適なミシンになったから、仕事がさぞかしはかどるかと思いきや・・・・・・
仕事がない(爆)

注)今回の改造は、全面的なしまりす堂さんによるバックアップのもと、完全に自己責任で行っております。





     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。