スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニューアル

CIMG3935.jpg

エクシムプロのワイドテーブルをリニューアルしました。
前の物も壊れたわけではなかったのですが、物を落としたかぶつけたかで塗装に剥がれがあり、布がひっかかるので新調しました。

作業スペースも当初よりかなりすっきりした感じになっています。
CIMG3936.jpg

アイロン台を机の横にぴったり付けておいてあります。
当初は棚を横に置いていたのですが、綿ホコリがひどくて、棚や棚に置いてある物が瞬く間にホコリまみれになるのですべて撤去しました。

CIMG3937.jpg

六花亭のチョコレート。
北海道からの頂き物。
丸いチョコレートの中にフリーズドライのイチゴが入っているんです。
ホワイトとスウィートは今までに食べたことがあったのですが、今回はミックス。
食べるのが楽しみです。

今日は久々に平日に仕事がなかったので、家のことをしていたらあっという間に一日終わってしまいました。
確定申告、雛人形の片付け、ちょっと念入りな清掃、、、やりたかったことができてよかったです。
来週からまたちょっと忙しくなりそうです。
最近腰痛になってしまって、若干の不安がありますが・・・頑張ります。

ダイコー製カノコラッパを使ってみた

ミシン屋さんイチオシのダイコー製カノコラッパ。
早速使ってみましたよ。

CIMG3926.jpg


CIMG3932.jpg
CIMG3927.jpg
CIMG3925.jpg

カーブを縫ってみました。
もう縫い外れる気がしません!!
楽しーーー

このラッパの優れた所を紹介しますね。
スイセイのカノコラッパと違う所。
バイヤス布の表側と裏側の幅を別々に微調整することができることです。
それだけです。

いや、それって重要ですよね?
バイヤスを縫っていて、表はちゃんと縫えているのに裏だけ外れて・・・・・・
ってことよくありますよね。
このバインダーは、常に裏と表の幅をベストな状態に微調整できるのでどんなカーブでも大丈夫!!

針落ちの幅ももちろん調整できますよ。それは他のメーカーと同じ。
これ、楽しすぎ。
もっと早く使えばよかった。

しかしこれの欠点?は装着するのが非常に面倒なこと。
針板、押え、送り歯まで総取替え。
かなりまとまった量を縫製する時じゃないと、装着する気になれません。
まさに工業用アタッチメントって感じです。

バイヤス布切るだけでも面倒で、まだ練習しかしていないので、、、
早く本番がしたい!!

職業用ミシンに4つ折りバインダー(カノコラッパ)をつけたい 後編

前編からの続きです。

職業用ミシンエクシムプロにカノコラッパをつける試みをし、ヤフオクで格安品を落札しましたが、うまくいかず断念・・・・・・残念ですが、このラッパに関しては中国製で作りも粗雑なため使うことを諦めました。

それでもカノコラッパを諦め切れない私は、新たなラッパを求め、様々な情報を収集し、検討を重ねた結果A1バインダーという物を見つけました。
スイセイ 四ツ折りバインダー

スイセイ 四ツ折りバインダー
価格:4,914円(税込、送料別)


これは、三つ巻きラッパの四つ折り版みたいなもので、送り歯や針板を替える必要はありません。
針板が半月型でない職業用ミシンにも使用できます。
これならば確実に装着できるんですが、これの弱点が、曲線に弱いこと。
それでは、バインダーの意味が半減してしまいますよね。

やっぱりカノコラッパが使いたい!!

でももう失敗したくない。
ということで、、、私の頼みの綱は、あの方しかいません。
いつもお世話になっているミシン屋さん。

とりあえず、エクシムプロに装着できるのかできないのか?ということを確認したかったので、ミシン屋さんの在庫の中古のカノコラッパを家に持ってきて試着させてもらう約束をしました。

CIMG3924.jpg

それがこれ。
ミシン屋さんの手により 送り歯の高さ、糸切りとの距離その他もろもろ全部確認しながら丁寧に装着して、試し縫いまでして頂きました。

大丈夫そうですよ

と、言っていただけました!!
送り歯の高さも十分だし、問題なく縫えました。

ぉぉぉぉぉぉ 軽く感動(涙)
ミシン屋さんのお墨付きをもらえたので、これで安心して使えるじゃないですか。

使えることはわかりました。しかしね、新品を買う予算はないので・・・・・
またまたミシン屋さんに無理を言って、3サイズくらい中古で譲っていただけないかお願いしました。
そして、それが今日届きましたよ。

CIMG3933.jpg
 
良く使いそうなサイズ、8mm、10mm、13mm。
3つで、新品1つ分ぐらいのお値段。
すばらしいです。
家に来て、試し縫いまでしてもらって、本当にありがたいです。

あんまり人に教えたくないんだけどね、このラッパ ダイコー製です。
このラッパのすばらしさは、ここでは伝えきれないので、また次回書きますね。



職業用ミシンにバイヤスバインダー(カノコラッパ)をつけたい 前編

愛用のミシン、エクシムプロは工業用と同じ規格の半月型の針板が使われているので、工業用の押えやバインダーが使えるのがウリ。

ということで、4つ折りのバイヤスバインダー(カノコラッパ)が欲しくなりました。
これがあれば、パイピングがラクラク、仕事の幅も広がります。




何も考えず ヤフオクを物色。
A10型といわれる、送り歯と針板と、押え金を総取替えするタイプのものを手頃な価格で発見し、本当に何も考えずにクリック、落札。

これが先週届きました。

早速試し縫い、レポ!
と・・・・・・思いきや。

まず取り付けが非常に面倒。送り歯、針板、押え金外してつけて・・・・・
やっとの思いでセッティング完了、さて試し縫いと。
ところが問題発生。

まず送り歯が自動糸切装置と干渉する。
次に、ラッパの先っぽの部分が釜側に沈み込むのでそこも干渉する。
恐る恐る1針2針縫ってみるものの、異音がするためこれ以上続けるのはミシンの故障に繋がると考え、あえなく中止。

よく調べなかった私が悪いです。

バインダーメーカー最大手のスイセイさんにもA10型バインダーについて聞いてみました。

スイセイさんからの回答
職業用ミシンは針板が半月型のものでも工業用とは機構が違うので、A10カノコラッパはご使用いただけません。
今春、職業用のカノコラッパを発売予定ですので、そちらをお求めください。

とのことです。
しかし、新品のカノコラッパは1セットの価格が諭吉越え確実の上、1サイズのみでは事足りないのでこれを3,4サイズ揃えるのは個人には負担が大きすぎるのです。

そこで、同じジャノメの半月型の針板の職業用ミシンでA10カノコラッパを使っているブロガーがいないか検索すると、いくつか情報がありました。それをまとめると・・・・・・

送り歯が自動糸切に干渉するので、送り歯の裏を削るなど加工すれば使えるかも?
送り歯の高さが足りず、布の送りが悪くなるので、送り歯の高さを出す加工をすると使える
などなど。
カノコラッパを作っているメーカーはスイセイだけではないので不確定情報ばかりですが、とにかく加工が必要?という情報が多数。

しかしね、一番痛いのが、私が落札したカノコラッパは国産メーカーのものじゃなくノーブランドの恐らく中国製?と思われるものだということが届いた後で発覚。もうこれにはお手上げ。
しかも試しに1サイズ買ってみれば良かったものを、一気に5サイズセットで買ったものだから、もう(泣


カノコラッパ装着断念か。。。
そんなことで諦める私だと思いますか?
この話には続きがありますが、今日はこの辺にしておきます。


足踏みミシン(ポータブル改造) 三菱 TA1

CIMG3751.jpg

鋳物 キタ。
黒い鉄の塊 キタ。

どうしたかって・・・・・・
オクで、、、ジャンク品だったのを。。。

落札したのは1ヶ月前でしたが、なんせジャンクだったので、モーターは生きてることを確認していたのですが、ミシン自体は不動。どうしたものかと途方に暮れ、とりあえずたっぷりと注油して様子見ていたら、固着していた部分が溶けて 調整なしでとても調子よく縫えるようになりました。

本当に興味本位で落札してみたのですが、これがどうして。
縫い目がものすごい綺麗。
今まで触ったミシンで一番綺麗かも。

しかし、一番のネックは、重さかな。
予想はしていたものの、重量感が半端ないと思って計測したら 19.5kgありました。
ポータブル改造してあるとはいえ、重くて持ち運べないし、机の上に持ち上げるなんてもってのほか。
縫う前に腰痛になったミシンは初めてでした(爆)

このミシン、50年くらい前のミシンらしいのです。
これには私もびっくり。
立派な骨董品ですね。
骨董の趣味はないんですが、、、

半世紀の時を経て、私の元にやってきたミシン、クロちゃん(仮)にしておこうか?
クロちゃんのはずみ車は、とても大きくて軽いんです。
この軽さが足踏みミシンですよね。
今は足踏みではなく、モーターで回していますが、動きが足踏みっぽいです。
今の職業用ミシンはすべて電子制御されているので、フットコンから足を離すとピタッと止まりますが、クロちゃんは惰性で2,3針進んでからゆっくり止まります。慣れていないせいもありますが、細かい所は手回しで。
手回しといっても、とても軽くて回しやすいので全然苦になりません。

あ、ちなみにこのミシンは職業用です。
ボビンもボビンケースも針も針板も、オプションの押えもすべて現行の工業用の規格が使えます。
これは助かりますよね。

本当に頑丈な鉄の塊のミシンなので、100年使えるかも。
だって壊れる所ないんだもん。
将来的に、アンティークな台に乗せてオブジェにしたいですね、もちろん実用もしますが。
今は住宅事情もあってそれはできませんが、将来の夢としてそれはとっておきます。



     
プロフィール

みち

Author:みち



独学で洋裁をしています。
職業用ミシンと2本針ロックミシンを所有。

まだまだ未熟者で、日々勉強させてもらっています。
ナチュラル系の婦人服縫製の在宅ワークをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。